CFD(差金決済取引)

CFD(差金決済)の定義

CFDは、「差金決済取引」という用語の略語です。これは、投資家が実際に所有したり物理的に所有したりすることなく、さまざまな異なる市場(外国為替、株式など)の価格を推測できるようにする契約です。契約の価格は、契約の基礎となる資産から意味を与えられるため、CFDは一種のデリバティブです。 CFDを行うには、あなた(トレーダー)とブローカーの2者が必要です。他の種類の投資とは対照的に、CFDの取引には多くの長所と短所があります。それらは複雑でリスクの高い製品と見なされています。 cTraderはCFD取引プラットフォームです。

コメントは締め切りました。